【原晋監督(青学の原監督)の嫁との関係は?】
子供はいるの?家族構成を紹介!

名前原 晋(はら すすむ)
生年月日1967年3月8日(55歳)
出身地広島県三原市
経歴陸上選手→中国電力営業職員→青山学院大学陸上競技部・長距離ブロック監督

原監督は36歳のとき母校・世羅高校の関係者から紹介を受け、2004年に中国電力を突如退職ののち、青山学院大学・陸上競技部監督に就任した。

第91回箱根駅伝・総合初優勝、第92回箱根駅伝・総合2連覇達成をしメディアにもよくでてくるようになり知名度up

そんな原晋監督の奥さんとの関係、家族についてまとめていきたいと思います。

目次

奥さんとの馴れ初め

原晋監督の奥さんは原美穂さんです。美穂さんは青山学院大学体育会陸上競技部町田寮寮母として選手たちを支えています。

そんな奥さんとの出会いは中部電力で陸上を辞めたときだったそうです。

原監督は怪我に苦しみ5年で陸上選手をクビに、そして心の闇をかかえることに。その時に出会ったのが美穂さんであり今もでも「救ってくれた恩がある」と話しています。

その出会いを原晋監督は次のように話していました。

「当時はバブル期なので船上パーティーで、そこで知り合った彼女を口説いていたんですけど、その人にはけちょんけちょんにやられて、私が口説いていた彼女家で、うちの奥さんが留守番をしていたんですよ。そこに電話をしたら、今の奥さんが電話に出て、僕は彼女だと思って、一方的に口説いていて『いや、友だちの美穂です』って。『えー!』ってびっくりして。でも『もうちょっと話をしようか』ってそのまま会話を続けて、『今度、映画でも行こ』って」と、思わぬ出会いを告白していました。

出会いが特殊すぎておもしろいですね♪

子供はいるの?家族構成は?

結婚して27年、子供がいて普通ですよね。結論からいうと

子供はいません。

残念ながら詳しい理由は公開されていませんでした。おそらく2人とも寮に住んでいることや、選手が子供のように感じるのではないでしょうか。子供によって選手達のサポートが疎かになることを懸念している可能性もありますね。

そんな原晋監督ですが、子育て論について以下のように話しています。

「できないのは当たり前。失敗して当たり前。その失敗から何を学ぶかを見守ることが大切なのではないかなと思う。そして、子供との距離感を大事にする。普段は近くにサポートする大人がいるということをわからせる。管理監督するのでなく、いざというときに飛んでいける距離感を常に意識している。」

やる気がない子供に対してはどうする?

ある程度の方向性は大人が示すべきだが、より具体的なやり方は子供に考えさせることが大切だと思う。ただ、考えさせるだけではなくそれを見守り悩んだ時には共に考える姿勢を持つのが大事。全て1〜10まで親があれしなさいというのは思考を止めてしまう。子供たちに考えさせる向き合い方は必要であると思う。

おすすめの過ごし方は?

必ず朝決まった時間に起きる、そして勉強する時間を設ける、夜更かしせずに決まった時間に寝るこれは親がやらさせることだと思う。これは人間社会で考える以前の問題でやらなきゃいけないことだと思う。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次